Tama Tsuboi

1991年ニュージーランド、オークランド州生まれ。
3歳の時にネパールに移住し4歳までポカラで過ごすが、再びオークランドで14歳までの少年時代を送った後に家族と共に帰国。静岡県伊豆市に移住。
12歳を過ぎた頃から両親の影響でキースジャレット、ベートーベン、モーツァルト、パコ・デルシア、スティング、シャーデーなどのアーテイストを聴くようになる。 両親のライフスタイルで住居移動が多かったため、持ち運びが便利なギターを選び13歳の時に友人と共に始めてからは欠かせない楽器となる。 その後、スパニッシュスタイルのフラメンコギターを学び、自分の音楽作品に独特の味を加える。 15才で本格的にミュージシャンとしての道に進むことを決意し、16才で東京渋谷区にあるMI音楽学校に1年通った後、都内の音楽イベント、光祭り、天空祭り、アロハサンセット、フォレストジャムなどに参加し音楽活動の場を広げる。2010年冬The Stone Sunのショーン原田と出会い、ライブやセッションに参加。2011年に, 川嶋NAOKI, SEAN HARADA とSHAMANZを結成。同年6月、 福島県相馬市にSHAMANZとして初めてのチャリテイコンサート “Smile Note” に参加し、
現在は都内を中心に活動中。
SHAMANZとして、2014年夏、RISING SUN ROCK FESTIVAL に出演。

http://www.shamanz.jp/
https://www.facebook.com/tamatsuboimusic/
https://www.facebook.com/shamanzsounds/